~ご案内・通知用バリアブル圧着ハガキ専門~
  • HOME »
  • できること。

できること。

個人情報などに最適な「バリアブル圧着ハガキ」とは?

例えば「請求書」「会員登録通知書」などといった内容の郵送物に特にオススメしたいのが『バリアブル圧着ハガキ』です。
OfficeソフトであるExcelやWordの「差し込み印刷」機能や専用のソフトを利用して印刷した書類を、封筒に入れて郵送されていることが多いかと思います。
請求書など、一人ずつ違う内容が記載する事が出来るハガキです。
variable

郵送料30円のコストダウンができる

封書の形式で郵送すると、個人情報を発送するのには安心感がありますが、封入する印刷費のコストを抑えたとしても、定形外郵便の扱いとなり郵送費82円(内税)が発生致します。
しかし、『バリアブル圧着ハガキ』にする事によって、ハガキの扱いとなり郵送費が52円(内税)になります。
つまり、30円(内税)のコストダウンになります。
souryoujpg

個人情報漏えいを防ぎます

「請求書」等を発送する事で一番心配される個人情報に関しても、『バリアブル圧着ハガキ』では、再圧着できない特殊な紙を使用しておりますので、個人情報の漏えい対策がされておりますので、安心してご利用いただけます。
※使用する再圧着ができない特殊な紙につきましては、下図をご確認下さい。
press

気軽にデザインが変更できる

通常、『バリアブル圧着ハガキ』を作成する際、多くの代行業者ではベースとなるデザインを千単位や万単位で先行して、台紙印刷を行います。
その後、可変するデータ(発送先、可変項目)をベースの台紙に印刷を行う代行業者がほとんどです。
しかし、弊社では先行して台紙印刷は行いません。
no_daishi
ご注文頂いてからベースとなるデザイン、可変データ(発送先、可変項目)を組み合わせて印刷を行います。
その為、ベースデザイン内のテキストや写真等を急きょ変更したい場合でも、弊社では対応が可能です。
※設定費発生が別途発生致します。
※ベースデザインは弊社にご依頼頂く事も可能です。(有料オプション)

最少発送数は1通より対応します

これまで、小ロットである為、発送代行業者に発注できず自社で行っている企業様も多いかと思います。
弊社ではベースのデザインと可変項目(発送先、可変項目)を同時に印刷を行う事で、台紙の印刷が不要となり小ロットでも対応する事が可能です。

データ作成方法がとても簡単です

『バリアブル圧着ハガキ』を弊社に依頼頂くにあたって、「データ作成が複雑そう・・・」と思われるお客様もいらっしゃるかと思います。
ご用意して頂くデータは、ベースのデザインの「PDFデータ」、発送リスト(送付先および可変項目)の「Excelデータ」。この2種類のみです。
※ベースデザインは弊社にご依頼頂く事も可能です。(有料オプション)

ご入稿データはとても簡単に作成頂く為に、テンプレートをご用意させて頂いております。
弊社のテンプレートをご使用頂き、デザインデータ、発送先リストを作成して頂くだけです。
可変項目につきましては、発送先リストにご入力頂く形となります。
※可変項目に制限はございません。
data

TEL 052-253-9022 営業時間:平日10:00~18:00

PAGETOP
Copyright © 圧着しま専科 by DM本舗 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.